自宅でこっそり、簡単お手軽脱毛

自宅で脱毛すると高い費用をエステに払わなくても出来ます。

 

女性にとって毎日ムダ毛のお手入れはめんどくさい作業の一つです。
脱毛してしまえばかなり楽だけど、サロンに行くお金がもったいない、という時にお勧めの方法です。

 

とっても簡単でお安くできますし、気になる部分少しだけ、も可能です。
これはインドに旅行に行った友人が教えてくれた方法で、私なりにちょっとアレンジしました。

 

まず、材料は私は3と決めています。
用意するものも3つだけ、レモン、水、砂糖です。
分量もレモン汁30cc、水300cc、砂糖300グラムです。
これらをなべにいれてぐつぐつ煮込みます。
カラメルを作る要領です。
べたーっとなるくらいになったら冷まして、触っても平気くらいの温度になってから使用します。

 

熱さをあまり感じない足のすね、あたりでやってみます。

べたーっとのばして、はがす。
も繰り返しです。

 

私も友人に聞いて初めてやった時はちょっと失敗でしたが、2回目からコツがわかり、簡単にできるようになりました。
脱毛テープの使用経験のある方はわかりやすいかもしれません。
肌をちょっとピンっとさせて塗るとやりやすいです。

 

無痛、ではありませんが、手軽さとコストを考えると私はこの方法で十分満足しています。
ただ名の通り毛を抜くので肌にはダメージがかかりますから、脱毛後できればバージンオリーブオイルのような純植物油をしっかり塗りこみマッサージをしておくことと、当日、翌日は直射日光に当たらないように気を付けています。


体毛を抜くときに注意すること

人に相談すると、考え過ぎではないかといわれるようなことでも、自分にとってはとても気がかりなことは、誰にでもあります。

 

例えば私は、人よりも体毛が濃いことがコンプレックスです。
同様に、友達に相談したとしても、ほとんど「そんなこと無いよ」などと、いわれるのですが、いつまでたっても体毛を気にしていて、外に出る時はとても他人の目を意識してしまいます。

 

特に、暑い季節は身につけるものが、肌を露出しがちになってくるので最悪です。
海やプール等で水着になんかとてもなれません。

 

こんな性格なので、当然、脱毛についてもいろいろ調べる様になりました。
女性にとってはとてもデリケートな問題なので、ほとんどの女性の方は脱毛について調べ、対処していることと思います。
ここでは、体毛の知識を一つご紹介します。

 

皆さんは、体の毛には生える方向があるということを意識しているでしょうか?

脱毛の際に、それぞれの部位の毛がどの方向に生えているかを知り、その方向に向かって脱毛すると、毛穴を広げずに、抜くことができるそうです。

 

その反対に、毛の生えてる方向を考えずに脱毛すると、毛穴を広げてしまう恐れがあります。
これによって、毛穴からばい菌が入り、炎症等を引き起こします。

 

このように、毛の方向を意識するだけでも、脱毛を効果的に行うことができるのです。


恥ずかしいところの脱毛には

ワキ毛とかスネ毛だったら、他人に処理してもらうのはそれほどの抵抗はないと思います。
でも、それがビキニラインとかだったら…。
私は躊躇してしまいます。

 

しょっちゅうビキニを着るわけではないけど、ショーツからはみ出す毛ってあんまり美しくないですよね。
女性としてどうなのか、という感じです。

 

デリケートな場所ってVIOラインっていうんですね。
Oはともかく、私が気になるのはVとIです。
自分で処理できればなと思っていました。

 

でも、かみそりだと怖いし、ちくちくする感じがいやでした。
一本一本抜いていくのも面倒ですしね。

 

そこで調べてみたら、Vライン専用のヒートカッターというものを発見しました。
ペンのような形状で、熱でムダ毛の先端を焼き切る器具です。
楽天市場などでは、2000円ほどです。

 

毛を数本ずつ処理していくので意外と時間がかかるのですが、確かにちくちくしないし、仕上がりも綺麗でした。

器具の形状も使いやすくて、火傷しそうなことはありませんでした。
気になるところは強いて言えば、毛を焼くので少し独特の匂いがすることぐらいです。

 

VラインのついでにIラインもやってみました。
そこの毛量って少ないほうが蒸れないし清潔に保てるような気がします。

 

見えないところも整えておく、女性として自信を保てる行為だと思います。
お金もかからないし、こういう器具を使って自分で処理するのは、すごくアリですね。